このエントリーをはてなブックマークに追加

1 預貯金仮払い制度 新法909条の2 2019年7月1日施行

(1)考えられる影響 

預貯金債権の額(金融機関ごと)×3分の1×法定相続分の限度(但し、法務省令で定める額を限度とする)
で相続人は遺産分割前に単独で預貯金を引き出せる。

法務省令 債務者(金融機関)ごとに150万円の限度)

※遺産1200万円、相続人2人の場合 、金融機関1つの場合
各相続人は200万円(1200万×3分の1×2分の1)の各々払い戻しができるが
各金融機関ごとに150万円なので 、2人で400万出来るわけではない

私見 実務上知らずに凍結させてしまった場合の提案くらい

実際上そんなに凍結されて当面のお金ない事案は多くないかと。

実際上の運営は戸籍等の提出が必要となると思われるので、どのみち即座に払戻は出来ないかと思われる。

但し、遺産分割の協議にはやはり時間がかかるので、戸籍のみで払戻できる制度は実益がある。

(2) 施行日との経過措置

相続開始(2019年6月) 施行日(2019年7月1日) 預貯金仮払い制度適用可能